Entries

混線の必要性

どうも、現在進行形でうちの子おまけカラーに混線を導入しようと四苦八苦してる狐です。


ふと思ったことではあるんですが、直接対決に限定して考えたとき、混線って必要なんだろうか。

即死返しとか変数弄りって、直接対決向きの技術じゃないと思うのよね。
「相手の即死の穴をついて殺す」というための技術だから、やっぱり殺傷力方面の技術でしかないんだなあ、という感じになってしまったり。

ただ、アーマー貫通砲は蓄積させる落下ダメージを有情にすれば、落下ダメージをより効果的に与えられるようになるという程度の技術でしかないのでまだ実戦で使えそうな域ではあるのですが。
あくまで落下即死の発展形ですしね、あれ。だからといって狂キャラが搭載していいものではないのだけれど。


うちの子のコンセプトはあくまで「直接対決できること」なので、混線は基本、おまけカラーかつ専用のみで使えばいいかもしれないですね。
殺傷力重視は別の子にお任せします。

そんなとある日の戯言でした。



大会規模は未だ悩み中。
まあランクがランクだし大規模にはなりません。

スポンサーサイト

コメント

[C55]

混線=隙のある相手を必ず倒すためって感じになるのは
即死攻撃をルーチン化して100%倒せるようにしてしまってるからじゃないですかね?
他のランク同様即死攻撃を使う条件を指定したりランダム要素を混ぜれば問題ないはずです。
  • 2015-03-20 23:48
  • macbeth
  • URL
  • 編集

[C56] Re: タイトルなし

> macbethさん
確かにそうすれば、絶対に相手を倒すことはなくなりますな。
ただ、混線がなくても倒せる相手まで混線に巻き込まれる可能性とか、不具合とか考えちゃうとどうしても引け腰になっちゃう面がありまして・・・。

それに、自分がメインに据えているランクは混線がなくても戦えますからね。
混線がないと倒せない相手というのは直接対決にはあまり向いてないキャラでしょうし。
そう考えるとやっぱり混線は必要ないかなあ、と。
使うにしても専用対策のみでしょうな。
  • 2015-03-21 11:40
  • 普通の狐
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

普通の狐

Author:普通の狐
MUGENの大会開いたり
キャラ作ったりしてます。

DDRメインの音ゲーマー。
最近はCHUNITHMも楽しんでます。

リンクはフリーです。

リンク

検索フォーム