もはや記事を書くという行為を忘れつつある

およそ2週間ぶりの更新です。
前に記事を書いたのはいつだったか、なんて考えてしまうくらいには、ブログから遠ざかっている気がしますね。
もはや音ゲーのリザルトを記事にするのも億劫なこの頃です。


それはそれとして、社会人になって2か月ほど経ちました。
現状の気持ちとしては、正直「しんどい」の一言に尽きます。

職場自体は全然クリーンで良い場所なのですが、「質の高い業務を目指す」や「一人前になってほしい」、「正社員だから」、「職場でのコミュニケーション」という色んな期待が、心の重しとなって沈んでしまうような状況に陥っています。
「正社員であることのメリットがあるから」「期待されているのはいいことだから」……そう言った慰めは何度も聞かされていますが、そう言い聞かされることが「それに相応しい存在になれ」と求められているかのようで、くじけそうな心をどうにか支えながら働いています。

結局、それが社会人として当然に求められるべきものであるというのは承知していて、それでもその「当然」を要求されるのが辛くて辛くて仕方ないというのが、新卒間もない頃のナイーブな心境なのか、それとも私と言う一個人の人格・性格面に問題があるのか、分からないままですが。
今この時に於いては、逃げ出したいと思う心をどうにか押し殺して働くしかないんでしょうね。
スポンサーサイト

「やればできる」けど「やらない」話

やればできる人が最後までやらない理由

書かれてる内容はよく分かる。自分もこういうタイプだし。
「状況」は整っていても、「やる気」が出ない・気持ちが付いてこないとできない、という話。
コメントで書かれていた「めんどくさいだけ」というのは、それ自体が「できない」要因になっているという話です。

ソシャゲとかでありがちだと思うんですけど、「時間さえかければ誰でも無課金で強くなれる」というのは、厳密には誤りだと思うんですよね。
この文章の前提には、「継続して、長期間かけて、それでも強くなろうというモチベーションを持って遊べる人間であれば」という文があります。ないとおかしいです。
にも拘わらず、そのゲームを遊んでいる人間からすれば、往往にして「強くなるためのモチベーションはあって当然」のような考えが大勢を占めている気がします。

私は、「やる気が出る範囲内で状況を整えて遊ぶ」人間ですが、そういう人間がいることを理解してくれる人が増えたらいいと想います。

ヨヅリナ


少し前に上がっていたピノキオピーの新曲。
初めは曲の穏やかさに癒されてましたが、歌詞を見直してみると自分に刺さる刺さる。

インターネットを通じて知り合った誰か、悩みを聞いてくれたり、共感してくれたり。
鬱屈とした気持ちがその「誰か」と話している時だけは消える、そんな救い。
案外人間の視野は狭いもので、そうやって構ってくれる誰かがいるだけで、その人に惹かれてしまって。
そうやって、ついつい釣られてしまうものなんですよね、きっと。

今みたいな、SNSによる個人間の表面的な繋がりが作られ易くなった時代だからこそというか。
文通ではない、あくまでもリアルタイムで画面越しの二人。
画面の向こうの名も知らぬ誰かに恋をしてしまった少女の物語……と考えると、儚いような切ないような、そんな曲に思えてきます。

人気の出易い「かっこいい曲」ではないけど、名曲だなぁと思います。

社会人デビュー

月曜日から五日間、来週の月曜日まで含めれば六日間、新人研修です。
今週は無事に終わって帰宅しました。

座学メインだったので、思ったほど厳しいものではなかったかな、と。
その代わり、実際に働き始めてからが大変だろうとは思いますが。

初勤務が遅番になってしまったので、帰宅は日を跨ぎます。
何が不安かって、今まで接客業も夜バイトもしたことがないってのが一番の不安ですよね。
大きなミスはしないように、頑張って乗り越えたいものです。

前々から気になっていた話題ではあるのだけど

パチンコ店の減少止まらず 「1日でも早い撤廃」を望む声も

コメントで触れられてはいますが、店舗の大型化が進んでいるのが現状であって、どちらかといえば淘汰というか弱肉強食と言うか、そういう意味での減少に近いです。
無論、今後は規制が厳しくなる=賭博のつもりでパチンコに行く人口が減少することで、更に寡占化が進むとは思いますが。

ちなみに、遊技台に規制が入る理由は、雑な説明をすれば「パチンコが娯楽を逸脱しないように」って感じです。
今までに何度か規制が入ってますが、理由はおおよそ同じようなものです。

このことから分かるように、「パチンコは娯楽の範疇を出ない遊技台で遊ぶものである」=「お金は減って当然である」という前提の下に成り立っています。
これ、要するにゲームセンターと同じなんですよね、定義の上で見れば。
実態を見るなら、「パチンコは賭博である」のではなく、「パチンコが賭博であると勘違いした人間がギャンブル中毒になってしまっている」というのが正しい認識なんだろう、と思います。理屈で言えばね。

遊ぶ側も、そのことを理解したうえで遊べばいいのにな、といつも思っているんですが、中々この世の中はそうもいかないですね。